1. TOP
  2. どうして仕事を干されたのか分らない女性社員の為の5つヒント

どうして仕事を干されたのか分らない女性社員の為の5つヒント

突然仕事を干されてしまった

こんにちは。働く女性やる気アップ専門家の久保です。どうしたら良いか分らない 仕事の仕方
突然仕事がなくなった、理由が分らないけど徐々に仕事を干されているような気がする等々・・・ある日そんな異変に気付いて不安になっているという方を見かけます。

仕事がないのに毎日会社に行く事程、疲れる事はありません。
そして、何もすることがないのに、何時間もそこで時間を潰すこともストレスがたまり反対に疲労が増しますね。

解決できるものなら解決の糸口を探して、仕事ができる元の環境に戻りたいと思いませんか?
今回は、「急に仕事を干された」と感じているあなたに、何故仕事を干されたのかを振り返ってみるヒントについて書いてみたいと思います。

仕事を干されてしまった原因はなに?

あなたが「仕事を干された」と感じているということは、実際にあなたに仕事を与えていない人物がいるわけです。
もしかしたら、あなたから仕事を奪っている人がいるのかもしれません。
どちらにしても、どちらか一方だけが原因で仕事が干されているわけではありません。
お互いがお互いの気持ちのすれ違いだったり、性格の違いから誤解が生じている可能性もあるのです。

だから、まずはあなたの方から考えられる理由を探ってみましょう。

 

仕事を取り上げられた理由が全く分からない

その仕事を任されなくなったのはいつから?

恐らく、あなたがメインでしていた業務があったのではないかと思います。
もしかしたら、何人かで分担していた作業かもしれません。

どちらにしても、自分で行っていた業務がある日、何の説明もなく突然任されなくなったとしたら、誰だって違和感を感じますよね。
その仕事が任されなくなったのはいつからでしたか?そして、そのきっかけは?
まず、それを思い出してみましょう。

今まで同じ仕事で同じ注意をされていなかったか振り返ってみる

社会人になると、同じ事で注意されるのは2~3度まで。社内いじめ 気にいられない
その後も丁寧に注意してくれるのは、余程優しい人だと思います。

だから、もし仕事で何らかのミスを何度も繰り返していたとしても、それは2~3回注意されて終わりのケースが多いのです。
あとは、致命的なミスでなければ本人の分らないところでコッソリ修正されていたり、あまりに程度が酷いようなら、自然な形で配置換えをされる事もあります。
もし先方の担当者などがいる場合だと、その人が担当者替えを申し出ている可能性もあります。

なぜなら、大事な仕事を何度もミスされると信頼関係が保てなくなるからです。
もしあなたが、ミスを見つける立場だったとします。社内の同僚が同じ仕事のミスを何度も繰り返していると、さすがにウンザリしませんか?
「何度も同じミスをするなんて、仕事に緊張感がないな。この人に頼むのはちょっと信用できないから、他の人に頼もうかな」と、思えてきますよね。

だから、注意されなくなっても仕事が任されなくなっているのであれば、「今まではよく仕事で注意されてたけど、最近は全然注意されなくなったから大丈夫だもんね」と安心していてはいけないという事になります。
過去に大きなミスを何度もしている場合は、そこが原因かもしれません。

 

周囲に同じように仕事がなくて暇そうにしている社員はいないか観察してみる

仕事はしたいのに、仕事がないと結構焦りますよね。仕事が暇すぎて精神的に辛い
会社で暇にしているのは自分だけかもしれないと思うと、周りの目も気になるものです。

でも、本当にあなただけがヒマなのでしょうか。
他に暇を持て余している女子社員はいないでしょうか。女性社員でなくても良いので、他に時間を持て余している職場ニート化した人がいないかを探してみても良いかもしれません。

なぜなら、同じように仕事をせずに暇そうにしている人がいるという事は、その職場自体が社員数の割に仕事の数が少ないという事になります。
ある意味、会社側の都合で備えとして社員を多く抱えている可能性があるかもしれませんが、そんなことをできるのは相当大きな会社なのでヒマそうな仲間を探して、様々な情報共有をし合うのも良いかもしれません。

社内の組織改定などで、そもそもその業務をする必要がなくなったのかもしれない

いくつも部署がある会社にお勤めの方は、社長や役員が変わるタイミングで社内の組織改定が行われる事が多いです。
また、他社との統合などで社員の人数が増えたり、部署が増えたり減ったりすることもあります。

そんな時、業務の方法が部署の設立等に応じて変更になる事もあります。
だから、あなたが今まで行っていた業務を他の部署の人がする事になることもあります。
ただ、その事をあなたが聞かされていないだけ(それも悲しい話ですが・・・)かもしれませんので、社内で組織改定や何らかの変更がありそうな場合は、会社から出される通牒などを必ず確認しておくことをオススメします。

もし、あなたが関わっているような業務に関する通牒が出ていたら、必ず上司や先輩に今後の業務について相談しましょう。
もちろん、過去にすでに組織の変更等があったことに後から気が付いた時も、臆せず上司に確認し、今後の事を併せて相談しましょう。

 

仕事に対する文句ばかり言ってない?

言っていないようで、意外と文句に聞こえる会話

意外と気づいていないかもしれませんが、頼まれた仕事に関してのあなたのコメントが周囲からは「ただの文句」に聞こえている可能性があります。仕事にケチをつける人
もしあなたが、今仕事の締め切りに追われていて必死だったとします。そんな時に他班の社員から
「〇〇さん急で申し訳ないんだけど、この仕事至急でやってくれない?」と、至急の仕事依頼が入ってきたとします。
そんな時、あなたはどんな態度をとるでしょうか。

「こんなに忙しい時に仕事頼んでくるなんて信じられない!」
「前々からあの人には、私の仕事のスケジュール伝えてるのに、このタイミングで話しかけてくるなんてあり得ない!」
などなど色々思うかもしれません。
そして、それをついつい実際に口に出しているかもしれません。

全て否定から入っている考え方が完全に周囲の人を遠ざけている

この「つい思ってしまう」や「つい口に出してしまう」行為が、思いのほか相手に伝わってしまいます。
あなたにとっては、相手に「いつもこの時間は忙しい」とか「今、私は手が離せない」と言った事実を伝えているだけだと思っているかもしれませんが、万が一「いつもこの時間は忙しい」や「いつもこの時期は忙しい」と周囲にアピールしていたとしても案外相手はあなたの仕事のスケジュールは頭に入っていません。
要は、みんな自分の事で精いっぱいで、周りの事は気にしていないという事になります。相手も必死なのです。

だから、相手からすると「急にキレられた」と感じるかもしれないし、いつお願いに行っても「気持ちよく仕事を引き受けてくれない」と思われてしまうと、頼みやすい他の社員に仕事をお願いしたいと思うようになりますね。

無意識で口にしている一言、無意識に思ってしまう態度をもう一度振り返ってみてくださいね。
もともとは、あなたに仕事をして欲しくて持ってきてくれていた人たちなのですから。

 

その仕事は誰の為の仕事か考えてる?

自分の都合ばかりで仕事をしてないか考えてみる

長年働いていると勘違いしてしまう思考パターンがあります。
それは「自分の仕事が中心」での仕事になっているという事です。会社は色んな人が色んな仕事をしている場所なのです。
だから、仕事のスケジュールもその部署毎に繁閑が異なりますし、同じ部署内であっても社員によって仕事のスケジュールは全く異なるのです。

アラフォー以上で、他の課や部署への異動経験がない女性がついつい持ってしまう考え方として、自分の仕事を中心に他の部署や課の仕事を考えているという事があります。
または、マイペースに働く事がラクだという性格の方も、周囲の事を思うというより自分のタイミングで仕事をしている事が多いです。
相手のスケジュールや仕事内容を心得ておかないと、仕事は上手くまわっていきません。
「初心忘れるべからず」という諺にもあるように、常に「この仕事は誰の為の仕事なのか」を念頭に置いて仕事をしないと、社内の連携が上手くいかなくなっていきます。
もしも、今第一線で活躍されている方でも、「あの人と上手く連携がとれなくて、仕事が回らない」と思われてしまうと、人はその人をどんどん避けていくようになります。

相手がなぜその仕事を頼んでいるのか考えてみる

あなたが仕事の依頼をされているのはなぜか考えてみたことはありますか?会社 組織 合わない
余程の事がない限り、イヤだと思っている人に仕事の依頼はしませんよね。相手はあなたに好印象を持って仕事をお願いしてくれていたわけです。
と、いう事は、もともとはあなたの事を「気持ちよく仕事を引き受けてくれる人」だったり、「何を聞いてもスグ教えてくれる頼もしい人」だと思っていたのではないでしょうか。

それが、何かの歯車が噛み合わなくなってしまった時に、関係がギクシャクして仕事のお願いをしづらくなっていく可能性があります。
仕事の依頼がなくなってきたと感じているのであれば、過去にその人との間で何か揉めるような事がなかったかを思い返してみましょう。それが何度か繰り返されていたのであれば、相手はあなたとの距離を置いている可能性があります。

 

上司やリーダーはどんな人?

本当の上司やリーダーは、グループ内で仕事がまわる事を第一優先に考える

あなたの上司やリーダーはどんな人ですか?
あなたが仕事をスムーズに行えるように、様々なところに気を配ってくれているでしょうか?
業務が滞っていたり、誰か一人の社員に極端に偏っていたりするという事は、その状態をキチンと監督されていないという事になります。
複数の部下やグループのメンバーを取りまとめる立場になる人は、全員で上手く仕事が回っていく事を優先的に考えるようにしています。

自分だけが必死に仕事をしている上司やリーダーは真の上司やリーダーではない?

部下やメンバーが暇そうにしているのを尻目に、自分だけが必死に働いているような上司や完全に監督不足という事になります。
ましてや自分の仕事に没頭しすぎて、他の人たちが暇そうにしている事に気づかなかった・・・なんてことは問題外なのです。
確かに上の立場になればなるほど、与えられた業務が特殊になってきて忙しくなるのも理解できます。
が、その中でも手際よくグループを束ねていく能力も求められているのです。
それが出来ずに毎日をただ過ごしているのは、もしかしたら真のリーダーではないかもしれませんよ。

仕切りたがり屋さんだけど、グループを束ねる事が苦手な人もいる

残念な事に、会社にはグループを束ねる事がとても苦手なタイプの人がリーダーをしている場合があります。それは「とりあえず、その場は仕切りたい」という仕切り屋さんです。
状況把握はしておきたいし、他のメンバーが何をやっているかは知っておきたいけど、だからといって他のメンバーに気を使って仕事が回っていく気配りをするという事がとても苦手な人です。

そんなタイプのリーダーだと、グループのメンバーに均等に仕事を与える事がとても面倒に感じている部分もあるので、仕事がうまく回ってこない可能性が大きいです。
かと言って、そのリーダーに黙って仕事を進めてしまうと、リーダーの気を損ねてしまって余計にややこしい事になりますので、注意しましょう。

リーダーへの気の使い方は、コチラ↓の記事も参考にしてみてくださいね。

女性社員が職場で社内ニートにならない為に気を付けるべき4つの事

職場の上司に相談してみた?

上司への相談結果で判断してみる

どれだけ考えても、職場ニートになってしまった原因がやっぱり分らない・・・と、いう場合は、いっそのこと直属の上司に現状を相談してみましょう。
仕事を干されている現状、自分がそれに対して行ってきた対応、そして今後どうなっていきたいかを伝えるのです。
意外と上司もあなたが仕事を干されていたことに気づいていない事もありますし、もしかしたら他の社員からも何らかの相談が上司に入っているかもしれません。
状況の深刻さによっては、異動の時期に他部署への異動や、グループの配置換えなども検討してくれるかもしれません。

「分るような分らないような」曖昧な回答が返ってきたら、改善の見込みなし

上司によっては、「臭い物に蓋をする」が如く、あまりその問題に関わりあいたくないと感じるタイプの人もいたりします。
そんな人は、とりあえず話は聞いてくれても、具体的な解決に至らない場合があります。

もし仮に相談ができたとしても、「仕事を干されてるなんて、そんな風に見えないけどね~」や「何か仕事をお願いできる事があるか考えてみるよ」など、あなたが納得できるようで納得できない曖昧な回答が返ってきたりするので、もしかしたら「相談したけど消化不良」というモヤモヤだけが残ってしまうかもしれませんね。

あなたが「今後どうしたいのか」という考えを上司に話し手にも関わらず、何か月経っても改善されないようでしたら、他の方法を考えるように気持ちを変えた方が良いかもしれません。
待てど暮らせど音沙汰がない対応を待ち続けると、その後の身の振り方を考えてしまいがちになります。
そんな辛い状況のあなたの為に、もう少し頑張ってみて欲しい事をまとめてみました。

組織の中で上手くいかず、あとは退職しかないと感じた時に行動すべき4つの事

\ SNSでシェアしよう! /

自分の性格を知って、仕事の人間関係に疲れた働く女性の心を解消する方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

自分の性格を知って、仕事の人間関係に疲れた働く女性の心を解消する方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

女性の味方

女性の味方

約20年の会社員生活の中で、仕事が与えられずに社内ニートになり人間関係に悩む時期がありました。
「自分が人と上手くやっていこうと頑張っているのに、何故か上手くいかない」と感じていた時に、コアメンタルやジョーティシュ(インド占星学)に出会い、「人には適材適所がある」という事を知りました。
仕事の人間関係で悩むのは、「あなた」と「私」の間に生じるトラブルだけが問題ではありません。あなたが組織に向いているのか否かという適性もあったりするという事です。
このことを知ったとき、私と同じように会社や仕事の人間関係に悩む女性の為に、この知識を役立てたいと思いました。

他にもこんな記事が読まれています  記事一覧

  • トラブルが起きても後ろ向きになってしまう「どうせ・・・」と感じる心のブレーキの外し方

  • 運命ってあるの?人生を自分で切り拓いて思い通りに生きる方法

  • 職場で群れるのがイヤでもOK?誰ともつるまない一匹狼女性でも良い理由

  • どうしていつも上手くいかないの?自分嫌いになる前に知ってて欲しい負のループ

関連記事

  • あなたは会社の上司に逆らってない?ホントはやってはいけない仕事の仕方

  • 女性社員が職場で社内ニートにならない為に気を付けるべき4つの事

  • 第一印象で損してない?女性が仕事で印象を良くしてコミュニケーションを円滑にする為に知っておきたいこと

  • 退職したい!でも勇気がない?アラフォー女性社員だって次の人生を歩めるんです!

  • 3つ覚えるだけで職場の人間関係が上手くいくコミュニケーション術はコレ!

  • 意味もなくイライラや不安に襲われる?心の中の膿を出してスッキリする瞑想でいつも心を軽くしよう