1. TOP
  2. 心にストレスを感じた時に、ストレスを簡単に取り去る事ができる5つの方法

心にストレスを感じた時に、ストレスを簡単に取り去る事ができる5つの方法

この記事のタイトルとURLをコピーする

心にストレスを感じた時に、簡単に取り去る事ができる5つの方法

こんにちは。女性社員やる気アップ専門家の久保です。

毎日の生活のなかで、どうしても感じないではいられないストレス。
心の負担は大きなものから小さなものまで様々あり、大抵の場合は些細なことの積み重ねが雪だるまのように大きくなって、「ストレス」になっていきます。

周囲を見渡してみても、「どうしてこんな事で怒っているの?」と思えるような些細な事で怒っている方がいますが、恐らくこの人にとってはこれが初めて起こった出来事ではなく、ほんの小さなすれ違いや行き違いが何度も起こったことで耐え難い心のストレスになっているのだと思います。

本来であれば、小さなストレスを感じた時に即座に解消できれば問題ありませんが、早急に対処できる人は珍しく、大抵の場合はこれが解消できないまま溜め込んでしまったせいで、その出来事によく似た全く別の出来事にさえストレスやトラウマを感じてしまうのです。

では、このストレスをすぐに取り除く方法はあるのでしょうか。

友達に愚痴を聞いてもらう

当たり前すぎて見落としがちですが、友達に愚痴を聞いてもらうと意外と手軽にストレスを取り除く事ができます。
これは、自分の中に怒りや悲しみの感情を抑え込むのではなく、外に放出することで解放されるのです。
ただ、女性の場合で多いのは愚痴がエスカレートして、悪口になることです。
悪口に発展すると反対に自分の感情が抑えきれずに爆発して止まらなくなります。悪口になる前にキリの良いころで切り上げる工夫が必要です。

友達は、タイミングさえ合えば直接会う事も、メールすることも、電話する事もできます。
お互いが困っているときに支えあえる大切な存在だと思いますので、思い切って甘えてしまいましょう。
そして、友達が困ったときには愚痴を聞いてあげる立場になってあげます。
この時に大切なのは、やはり愚痴が悪口に発展しないようにすることです。聞き手のあいづちで、愚痴のまま終わらせることも、悪口大会にしてしまう事も簡単にできますので、注意しましょう。

会社の同僚・先輩に相談する

仕事に関する事だと、やっぱり同じ環境で働く人にしかわからない事がありますよね。
職場の人間関係や仕事に関する、いわゆる「会社の中」での出来事はその内情にある程度詳しい人に相談すると良いでしょう。
ただし、あまりその人となりを知らずに信用して良いのかどうか分らない人には、かえって秘密を社内に広められる恐れがあります。愚痴を言ったり、相談したりするなら相手を選ぶところから始めてくださいね。

・・・とは言え、社内で話した内容はいつか「尾ひれ」がついた噂として広まってしまう事もあります。
そうなると、反対にその噂があなたのストレスになってしまう事もあります。
沢山の人に話しを聞いてもらう事で解決する事もありますが、あまり知られたくないような愚痴は話す人を限定しておくことがオススメです。

家族に相談する

人生の先輩といえば家族が最も近い存在でしょう。
家族に愚痴や個人的な悩みをいう事が恥ずかしかったり、格好悪いと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、人生の先輩は意外な視点からアドバイスをくれる事もあります。

私も以前、「こんな事話しても無駄だろう」と思っていた愚痴を家族に話したところ、意外なヒントになる答えが返ってきたことがあり、有り難かったと感じた出来事がありました。
家族が認識のない登場人物がたくさん出てくるような愚痴だと、話が込み入りすぎて想像できず、話の半分も理解してもらえないかもしれません。
理解してもらえないというストレスがかかってしまう可能性もありますので、「こんな時この人ならどうするだろう?」という軽い気持ちで聞いてもらえそうな話をしてみるのはオススメです。

内観する

内観とは、自分の心や精神の働きをみてみる事を言います。
ストレスになった出来事話せないと思っている人や、あまり周囲の人を信用できずに「どうせ、私の悩みなんて誰に言っても分ってくれない・・・」と思っている場合は、内観してみるのもオススメです。
内観とは、過去の自分の言動について振り返ってみるところから始まります。
「あの時、あの人にあんなことを言ったけど、本当はもっと違う言い方があったんじゃないか・・・」
「私はあの人から、あんな事を言われた(された)けど、何か私がいけなかったんだろうか・・・」
など、自分が受けたストレスに対して「なぜ」「どうして」そのような事が起こったのかを、「あの人が悪い」ととらえるのではなく、そもそも起こってしまった原因はなんだったのかを冷静になって考えてみます。

自分の行いも含めて省みることで、意外ととても些細な言葉の捉え方の違いが原因だと気づくこともあったりします。

セラピーなどを利用してみる

あまり人に話さずにストレスを解消したいと思った事はありませんか?
「どうせ、誰かに話したって私の話は分かってもらえない」とか「まともに聞いてくれるわけがない」と感じている時は、一人でストレスを解消したくなるものです。
実は、誰かに話をすることなくセルフでストレスを即座に取り除く方法の1つとして「EFT」という手法があります。
この方法は、身体にある8つのツボをタッピングする事で、今あるストレスは体の不調を取り除く手法です。

感情と身体的症状は密接に関係しています。
そのため、一度誰かから嫌な事をされたり言われた経験があって、その出来事が自分にとってとても腹立たしいものであった場合は、次に同じ人をみかけただけで「またあの時の様に何か言われるのではないか?」「またあの人は私に嫌なことをするのではないか?」という記憶に基づいたムカムカするような感情が沸き起こってきます。
これを解消できない限り、「あの人」=「嫌な事をする(言う)」=「すごく腹が立つ」という連鎖反応が毎回のように起こってしまうのです。これは、よほどの事がない限り解消されることはなく、防衛反応としてあなたを守ってくれるものとなります。

この連鎖反応の中の、「感情の記憶」を取り除き「ただの出来事」として処理するのがEFTというタッピングです。
腹が立ったり、悲しくなったり、焦ったり・・・という、いわゆる「マイナスな感情」が沸き起こったときに、それをストレスとして溜め込まないためにもEFTで解消できます。
早くて1分で解消できますし、道具も必要ありませんので簡単ですね。

タッピングの方法については、以下の記事を参考にしてください。

マイナスな感情を簡単に取り除くタッピング「EFT」って何?

 

このように、心にストレスを抱えた時は我慢し続けたり耐え続けるのではなく、できるだけスグにその状態を取り除く事が大切です。
ストレスを溜め込むだけ溜め込んでしまったら、だんだん体調にも悪い変化が起きてきますので、
是非ご自身を大切にする意味合いも込めて、ストレスを手放す心がけをしたいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

自分の性格を知って、仕事の人間関係に疲れた働く女性の心を解消する方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

自分の性格を知って、仕事の人間関係に疲れた働く女性の心を解消する方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

女性の味方

女性の味方

約20年の会社員生活の中で、仕事が与えられずに社内ニートになり人間関係に悩む時期がありました。
「自分が人と上手くやっていこうと頑張っているのに、何故か上手くいかない」と感じていた時に、コアメンタルやジョーティシュ(インド占星学)に出会い、「人には適材適所がある」という事を知りました。
仕事の人間関係で悩むのは、「あなた」と「私」の間に生じるトラブルだけが問題ではありません。あなたが組織に向いているのか否かという適性もあったりするという事です。
このことを知ったとき、私と同じように会社や仕事の人間関係に悩む女性の為に、この知識を役立てたいと思いました。

他にもこんな記事が読まれています  記事一覧

  • 運命ってあるの?人生を自分で切り拓いて思い通りに生きる方法

  • 職場で群れるのがイヤでもOK?誰ともつるまない一匹狼女性でも良い理由

  • どうしていつも上手くいかないの?自分嫌いになる前に知ってて欲しい負のループ

  • これを知ってたらイラっとこない!感情に振り回されずにいられる方法

関連記事

  • マイナスな感情を簡単に取り除くタッピング「EFT」って何?