1. TOP
  2. 女性社員が職場で社内ニートにならない為に気を付けるべき4つの事

女性社員が職場で社内ニートにならない為に気を付けるべき4つの事

女性社員が職場で社内ニートにならない為に気を付けるべき4つの事

こんにちは、こんにちは。女性社員やる気アップ専門家の久保です。

会社の規模によよりますが、女性一般職が築く世界はとても小さい世界だったりします。
そのため、一度仲がこじれるとたちまち職場の雰囲気は悪くなり、「臭い物には蓋をしろ」と言わんばかりに仲間外れにされる人がでてきます。
そしてその人が信頼を取り戻して元の状態に戻れるようになるのはとても至難の業でおまけに時間がかかります。
「絶対に誰も裏切らない」という絶対の仲間意識を持った人たちばかりの組織であれば、誰かが組織からのけ者にされることはありませんが、大抵の場合は、誰か1人を共通の敵に据えることで、ほかの仲間の団結力が増すという事が自然とおこってきます。

そして、その「のけ者」の対象はひょんなきっかけで突然現れたりします。
例えば、ちょっとした仕事のミス。そのほかには、上司からのひいきなど・・・
女性は特に一つのグループの中で働くのであれば、「全員が同じ仕事をする」または「全員が全く違う仕事をする」のどちらかでなければ、なかなか上手く仕事がまわっていきません。
それは、やはり人間関係の中から生まれる感情が絡んでくるからです。

では、職場で社内ニートにならない為に押さえておきたい「気を付けるべき」ことは何でしょうか。

リーダーの意見は絶対に否定しない

どこの職場にも「リーダー」は存在しますね。
リーダーは今ある仕事の配分を考えたり、今後の業務の計画を立てたりしながら
グループ全体の業務が上手くまわってみんながスムーズに働けるように調整する役割が存在です。社内いじめ 気にいられない

女性がリーダーの場合、そのプライドはなかなか高く、まるで女王様のようにふるまう人もいます。
一見腰が低いように見えても、蓋を開けてみるとかなり自尊心が高かった・・・という方もいらっしゃいますので、一緒に働くグループのリーダーが本当はどんな人なのかを、まず観察しましょう。

でも、たいていの女性リーダーに共通して言えるのは、「否定されて喜ぶ人はいない」という事。
否定された人が、自分より立場が下の人ならなおさら喜べません。

たとえ「それ、ちょっと違うんだけどな・・・」と思っていても、致命的なミスでない場合は
否定しない事をオススメします。
もし仮に、それが否定でなく、超個人的なアドバイスであったとしても・・・です。
なぜなら「リーダーのいう事は絶対」と思っている人が多いのです。
そんな考えの人が、リーダーでもない特に信頼も寄せていないような人から意見されたらどう思うでしょう。
間違いなく「私の考えを否定された!」と思うでしょう。
中には「全員でこのグループを作り上げていくんだ!」という、とても前向きなステキなリーダーもいます。
ステキなリーダーなら、きっとあなたの意見にも耳を傾けてくれるでしょう。
でも、そんな人はほんの一握りであることは間違いありません。

あなたからすれば「小さな親切」であっても、リーダーからは「大きなお世話」だと思われることが
大半なのです。

仕事をする場合は、必ずリーダーに声をかけてから

ちょっとした仕事で、特に誰かに報告したり相談したりするほどでもないと思う程度のものなら、職場での気の使い方 会社の人間関係が苦痛
「気づいたときに気づいた人がやっておけばいいんじゃないの?」
・・・って思われる方が大半だと思いますが、これは大きな間違いだったりします。
なぜなら、リーダーが知らない事があってはならないからです。

例え、リーダーがその仕事の存在に気づいていなかったとしても、
面倒でも耳に入れて、その仕事をする旨を報告しておきます。
「こんな仕事を見つけたのですが、皆さんの手を煩わせるほどでもないと思いますので、私がやっておきますね」
この一言があるかないかだけで、リーダーの心持がだいぶ変わってきます。
特に女性は秘密が大好きですが、リーダーの立場として他のメンバーが黙っていられると気分を害するのは想像に易いと思います。

どんな些細なことであっても、まず声をかけることが大事です。

チームのメンバーの仕事がたとえ間違っていたとしても、口を挟まない

人の間違いに気づいたとき、あなたはその間違いに口を挟みたくなりますか?
それとも、見て見ぬふりするでしょうか?職場で仲良くする方法

チームで仕事をしている時、その状況によっては、メンバーのミスに気付いてしまうことがあります。
しかも、そういう時に限って気づいてしまうミスはたいてい、「あぁ。見なきゃよかった・・・」という様な気づきたくないような失敗を見つけてしまったり、たまたまその瞬間を目撃してしまう事が多いと思います。

そんな時、ついつい「それってさぁ・・・」と作業の間違いを相手に知らせたくなります。
その方が、後々自分にもそのミスに対する火の粉がかからないように防げるような気がします。
または、性格的にお節介で指摘してしまう方もいるかもしれません。

でも、その「ついつい」言ってしまう行動が、周囲からは嫌がられるのです。
あなたが、グループの中で誰からも逆らえない程の存在であれば話は別でしょうが
それでも指摘ばかりしていては、「この人に関わると、また何か言われるんじゃないの?」と
思われてしまうのが世の常。

周囲から距離を置かれてしまうでしょうし、そうなっては上手くコミュニケーションも取れません。
「自分で作り出したミスは、自分で対処してもらう」くらいの心の大きさで
目撃してしまったミスを心の中にしまい込むことも大切です。

でも、致命的なミスはリーダーにこっそり報告または相談する

それでも、やっぱり見逃せないミスはあります。

それは、そのミスが今後の自分の立場をも揺るがしそうな大きなミスの場合です。
例えば、その間違った作業を放置することで、お客様に多大なご迷惑をおかけする場合や
チーム全員が確実に何らかの問題が起こりそうな場合です。

そんな時は、チーム全員でその問題を解決する事に努めることが最優先だと思われますが、
それ以前にその事実を知らせる方法を考えなければなりません。
あなたなら、どんな風にその出来事をメンバーに知らせるでしょうか?
秘かに誰がやった仕事かを調べて、その人だけに間違いを知らせるでしょうか。
それとも、「あ!こんなところに、こんなミスがある!!!!」と思わず声をあげるでしょうか。
万が一、その時の動揺が激しすぎて、どのように振る舞ってよいかが分らなくなってしまったとしても、
絶対に一人で何かするというアクションは避けた方が良いでしょう。

では、どのように振る舞うのが良いか・・・

それは、「こっそりリーダーに報告する」です。
チームのメンバー同士でのやり取りだと、「この人から言われたくないわ!」とか
「私だけに注意されてる」等のさまざまな個人的な感情が生まれてきます。
人は大抵の場合、何かしらの注意や指摘を受けると、被害者意識が働きがちです。
そして、言われた方は冷静な判断ができなくなり、反論しようとしてがちなのです。
それならば、対等な間柄でのやり取りをするのではなく、上の立場の人から声をかけて
もらう方が納得がいきやすいですし、耳を傾けようとしてくれます。

リーダーにこっそりと報告する時のポイントは、
あまり周りに人がいない時に小さな声でこっそりと確認するように報告することです。
「このミス、私が見つけました!」と鬼の首を取ったような報告の仕方をするのではなく、
あくまでも仕事の仕方を確認する感じでさりげなくリーダーに気づいてもらえるように
促すのが上手くリーダーに報告するポイントです。
そして、その時に一緒に耳に入れておかねばならないのは、自分の仕事ではないということ。
「今、たまたまこれを見つけたのですが、一緒にチェックして頂いてもいいですか・・・」
と話し始めれば、「誰がやったのか知らないけど」
という遠回しに自分がやった仕事ではないという表現ができますね。

そうすれば、あなたは誰の事も攻撃していない事になりますし、
仕事のミスを気づいたのはリーダーという事になりリーダーを立てる事もできます。

とにかく何でもリーダーに相談し情報を耳に入れておく

ここまで色々お読みいただいてお気づきの通り、とにかく女性のリーダーは
みんなで盛り上げて良い気分で仕事をしていただく方が上手くいきやすいです。やんわり報告 主張しない
どんな些細なことでも、とにかくリーダーの耳に入れておく事が何よりも大事ですが、
ここで注意すべきは、すべてをリーダーに委ねておけば良いという事ではありません。
報告や連携はすべきですが、同時に軽度な作業や仕事は「私がやっておきますね」と
一言添えた後で業務を行う事も忘れないようにしましょう。

よく気が利き、メンバーへの気遣いも忘れない仕事の仕方が、円滑に仕事をすることができる
近道です。

\ SNSでシェアしよう! /

自分の性格を知って、仕事の人間関係に疲れた働く女性の心を解消する方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

自分の性格を知って、仕事の人間関係に疲れた働く女性の心を解消する方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

女性の味方

女性の味方

約20年の会社員生活の中で、仕事が与えられずに社内ニートになり人間関係に悩む時期がありました。
「自分が人と上手くやっていこうと頑張っているのに、何故か上手くいかない」と感じていた時に、コアメンタルやジョーティシュ(インド占星学)に出会い、「人には適材適所がある」という事を知りました。
仕事の人間関係で悩むのは、「あなた」と「私」の間に生じるトラブルだけが問題ではありません。あなたが組織に向いているのか否かという適性もあったりするという事です。
このことを知ったとき、私と同じように会社や仕事の人間関係に悩む女性の為に、この知識を役立てたいと思いました。

他にもこんな記事が読まれています  記事一覧

  • これを知ってたらイラっとこない!出来事と感情の間には「あなたの捉え方」があるのです

  • 意味もなくイライラや不安に襲われる?心の中の膿を出してスッキリする瞑想でいつも心を軽くしよう

  • いつも言う事がコロコロ変わる上司に疲れたあなたに知ってほしい、上司に振り回されない仕事の仕方

  • 仕事ができる人ほど職場で干される?会社で仕事を干されない為に心がけたいたった1つの事

関連記事

  • 第一印象で損してない?女性が仕事で印象を良くしてコミュニケーションを円滑にする為に知っておきたいこと

  • これを知ってたらイラっとこない!出来事と感情の間には「あなたの捉え方」があるのです

  • もう人とのコミュニケーションで悩まない「コアメンタル」ってこんな性格診断です!

  • 一匹狼で仕事をしている女性ってどんな人?職場の一匹狼さんはこんな性格です。

  • 人に話しかけるのは苦手?仕事のコミュニケーションが苦手でも、これで仕事がしやすくなる2つの方法

  • どうして仕事を干されたのか分らない女性社員の為の5つヒント