1. TOP
  2. 人に話しかけるのは苦手?仕事のコミュニケーションが苦手でも、これで仕事がしやすくなる2つの方法

人に話しかけるのは苦手?仕事のコミュニケーションが苦手でも、これで仕事がしやすくなる2つの方法

人とコミュニケーションを取る事が苦手なのはどうしてだろう?

生きていくうえでどうしても避けて通れない「人とのコミュニケーション」。
仕事や家族、ご近所や病院など様々な場面で人と話をする機会があるため、一生誰とも話さずに生きる事は難しいですね。
直接コミュニケーションを取る事がないとしても、電話やメール・手紙などでコミュニケーションをとる必要がある場合がありますが、人によってはそのようなやり取りですら苦手と感じている方もいらっしゃいます。

「人と話をする」という事が難しいと感じるのはどんな時でしょうか。
そして、どうしてコミュニケーションを取る事が煩わしいと感じるのでしょうか。そのような気持ちになるには、それなりの出来事があたハズです。
コミュニケーションが上手くとれなくなったきっかけは何だったのでしょうか。

生まれつき人見知りが激しい

初対面の人と話しかけるのが特に難しいと感じる方が多いかもしれませんが、生まれつき人見知りが激しい方はいらっしゃいます。人に話しかけるの苦手 コミュニケーション
職場で人に話しかけるのが苦手な方もいらっしゃいますが、何度か顔を合わせていると比較的話をするのがラクに感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
人見知りがある方は、一般事務や接客業などの人と話をする機会が多い仕事を苦手だと感じていて、極力人と顔を合わせたり話をする事が少ない仕事を選びたがります。
例えば、工場の流れ作業であったり、内職や清掃など・・・でも、女性が多く働く環境では、どの職種を選んでも話し好きな方がいたりして、濃厚なコミュニケーションを求めてくる方が必ずと言って良いほど1人はいるもの。
しかも、濃厚なコミュニケーションを求めてくる人ほどその職場に古くからいる人で、影のリーダー的存在な人だったりしますので、その人を無視したりするとたちまち職場に居づらくなるような事が起こったりします。
そんな人が職場にいる場合は、自分からは話しかけづらくても、周囲があなたに話しかけてくれるなら、とりあえず相づちを打ったりしながらそれなりのコミュニケーションをとれますね。

 

かなり人に気を使うあまり、話す内容が分らなくなる

「こんな話題をしたら、相手に失礼かも?」とか「あんな事を話しても、どうせ話題が続かない・・・」等、相手に気を使いすぎるあまりに話すネタが見つからなくなる事はありませんか?
話しかけるきっかけ作りなので、そこでお互いの関係がギクシャクしたくないと思うあまりに緊張し、言葉を選びすぎてしまう傾向があります。
上手にコミュニケーションを取ろうと気合を入れすぎると、苦手意識が更に表にあらわれて会話の糸口が見つからなくなってしまいますので、相手に対して興味を抱いた事を話題にすると良いかもしれません。
例えば、相手の持ち物や服装はスグ目につく物として話題にしやすいですよね。髪形や髪の色など良いかもしれません。
特に相手に対して興味を抱くものがなければ、自分の住んでる地域の気候を話してから相手について聞いてみる事もできますね。

そもそも人に関心がない

そもそも「人に興味がない」という方も多いかもしれません。一人でいたい 孤独が好き
相手への関心が持てないという場合は、「相手が何をしていてもあまり気にならない」というタイプや「自分が相手から何か被害を受けたくないから、相手との距離を置いている」というタイプに分かれるようです。
「相手が何をしていてもあまり気にならないタイプ」の方は、興味の対象が「自分」であったり「自分の趣味や興味がある事」だったりします。
自分が楽しい生活になればOKですので、周囲の人たちが何をしているかはさほど気にしていません。

また「自分が相手から何かしらの被害を受けたくないから、相手との距離を置いている」という方は、「私もあなたに迷惑をかけないから、あなたも私に迷惑をかけないでよね」という考えが根底にあります。
それはどんな小さな事であっても、お互いに迷惑をかけあわず快適に過ごしたいという思いがありますので、「自分が周囲から不快な事を言われて気分を害する」という事も含まれていたりします。
その為に、相手との距離を置いて自分が守られることを望むのです。

いずれにしても、「自分の安全」を守りたいという意識が強い方が多いでしょう。

 

過去のトラウマで人と話すのが苦手になった

「もとはとても話し好きで、人が好きだったんだけど・・・今は人とどう接して良いのか分らなくなってしまって」
色んな過去の経験で、人との関わり方が分らなくなってしまった方がいます。
子供の頃にあったいじめとか、職場での仲間はずれとか、色んな事がきっかけで自分らしく生きる事が難しくなっていませんか?
例えば、本来は楽しくおしゃべりが出来ていたのに、ある人から「あなたの声は聞いているだけで不愉快になる」とか「声がうるさすぎる!」「あんまり私たちに関わらないでもらえない?」など何気なく言われた一言で心が傷いてしまう事はあります。
それを言った人が、あなたにとってとても大切だと思っていた存在であればあるほど、裏切られた感じや傷つけられた感じが大きくなって自分の殻に閉じこもってしまいます。
でも今目の前にいるのは、あの時あなたにその一言を発した人と同じ人でしょうか。
恐らく、今あなたがいる環境には「あの時」と全く同じメンバーはいないハズ。だからあの時と同じ事を言う人はいないハズなのです。
「でも・・・また同じことを言われたらどうしよう・・・」とか「どうせまた、私は同じ批判を受けるんだ・・・」など、過去の出来事がよみがえってしまうと心配する方もいらっしゃるでしょうが、あなたも過去の経験から色んな事を学ばれたハズ。だから、その学びを生かせれば全く同じ事は起きないでしょう。

話しかけるのが苦手?それとも話しかけられるのが苦手?

コミュニケーションを取るのが苦手な方の中には、「人に話しかけるのが苦手」という方と「人から話しかけるのが苦手」という方に分かれます。
「話しかける事が苦手」な人は、誰かから話しかけてもらえたら何とか話ができるのです。でも、「人から話しかけられるのが苦手」なのは、どんな話題がふられるのかが分らず不安になるあまりに人を避けるのです。

では、それぞれのタイプの方がコミュニケーションを円滑にするためにはどんな工夫ができるでしょうか。

 

話しかけるのが苦手なら、話しかけられる工夫をする

口下手で何も話せないなら、周囲の人がつい話しかけてみたくなる工夫をしてみるというのはいかがでしょうか。
例えば、自分の得意な事をアピールしてみるというのも良い方法ですね。
私の友人も「人に話しかける」事がとても苦手な人がいます。でも、その人はオシャレをする事がとても好きな方なので、オシャレにとても気を使っていました。
オシャレに人一倍気を遣う事で、「その服とても素敵ですね。いつもどこで服を買ってるの?」と話しかけられることが多いそうです。
身に着けるアクセサリーや、普段使っている文具などでも話しかけてもらえるチャンスは沢山あります。

決して「見て見て!私、こんな物持ってるの!」と、周囲に言って回る必要は全くありません。
女性は色んな事をチェックしています。だからさりげなく使っていたり、持っているだけで彼女たちの視野の中に入るのです。
少し時間はかかるかもしれませんが、得意な事や好きな事を続けるだけでコミュニケーションをとるきっかけづくりができますよ。

話しかけられるのが苦手なら、自分から話しかけてみる

人から話しかけられるのが苦手な方もいますよね。
「変な事を言われたらどうしよう」「答えられない事を聞かれたらどうしよう」「私の事を批判するんじゃないかと思うと怖い」など、人から何を言われるか分らないから不安になってしまうという方は、過去にそのような経験を何度も重ねてこられたからではないかと思います。
でも、人を避け続けても話しかけられるときは話しかけられるものですよね。そして、また不安が大きくなってきてしまうのです。

それなら、いっそのこと自分から話しかけていくのはどうでしょうか。
自分が絶対に傷つかないような話題を、自分から話しかけてみるのです。「今日はとても良い天気ですね」「紅葉がきれいになりましたね、紅葉狩りはいかれましたか?」など、当たり障りのない内容で話しかけてみると良いでしょう。
その際、あまりプライベートな話を聞かれるのはあまり好きではないタイプの方もいらっしゃいますので、話の内容には注意をしましょうね。

 

人とのコミュニケーションは気楽に

「以心伝心」という言葉がありますが、あなたの思っている事は意外と人に伝わっています。
「あの人が苦手だな」と感じていたら、相手はそれを何となく察知しています。また「なんだかあの人はとても好感がもてる」と感じていたら、あなたが感じている穏やかな感情が相手にも伝わっているものです。

だから、「頑張ってコミュニケーションを取らなければ!!!!」と気合を入れれば入れるほど、その何とも言えない威圧感や圧迫感が相手にも伝わってしまい、その場の雰囲気がピリピリしたものになる事もあります。
そう、コミュニケーションは「頑張りすぎてはダメ」なのです。ごく自然に、気楽な感じで行う事が大切なのです。
たとえ、その時のコミュニケーションが上手くいかなかったとしても、誰もあなたの命までは取りませんよ。ラクな気持ちで、心にゆとりを持つことが何よりもコミュニケーションを円滑にするコツなのです。

それでも「相手の反応がどうしても気になって、話しかける事ができない!」という方の為に、少し相手の心が分かる記事を書いています。
相手の性格が少し分かると、気持ちがラクになってコミュニケーションがとりやすくなりますよ。
是非、↓の記事もご覧くださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

自分の性格を知って、仕事の人間関係に疲れた働く女性の心を解消する方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

自分の性格を知って、仕事の人間関係に疲れた働く女性の心を解消する方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

女性の味方

女性の味方

約20年の会社員生活の中で、仕事が与えられずに社内ニートになり人間関係に悩む時期がありました。
「自分が人と上手くやっていこうと頑張っているのに、何故か上手くいかない」と感じていた時に、コアメンタルやジョーティシュ(インド占星学)に出会い、「人には適材適所がある」という事を知りました。
仕事の人間関係で悩むのは、「あなた」と「私」の間に生じるトラブルだけが問題ではありません。あなたが組織に向いているのか否かという適性もあったりするという事です。
このことを知ったとき、私と同じように会社や仕事の人間関係に悩む女性の為に、この知識を役立てたいと思いました。

他にもこんな記事が読まれています  記事一覧

  • トラブルが起きても後ろ向きになってしまう「どうせ・・・」と感じる心のブレーキの外し方

  • 運命ってあるの?人生を自分で切り拓いて思い通りに生きる方法

  • 職場で群れるのがイヤでもOK?誰ともつるまない一匹狼女性でも良い理由

  • どうしていつも上手くいかないの?自分嫌いになる前に知ってて欲しい負のループ

関連記事

  • アラフォー女性社員が職場で仕事を干されて暇な時の5つの時間の過ごし方

  • 一匹狼で仕事をしている女性ってどんな人?職場の一匹狼さんはこんな性格です。

  • 職場で群れるのがイヤでもOK?誰ともつるまない一匹狼女性でも良い理由

  • 第一印象で損してない?女性が仕事で印象を良くしてコミュニケーションを円滑にする為に知っておきたいこと

  • 事務をする女性社員が揉める「仕事の取り掛かりが早い人」と「仕事の取り掛かりが遅い人」の違いが分れる性格の差はこれ!

  • あなたは会社の上司に逆らってない?ホントはやってはいけない仕事の仕方