1. TOP
  2. 第一印象で損してない?女性が仕事で印象を良くしてコミュニケーションを円滑にする為に知っておきたいこと

第一印象で損してない?女性が仕事で印象を良くしてコミュニケーションを円滑にする為に知っておきたいこと

自分が思う自分の印象と、周囲が持つ印象って実は大きく違うんです!

あなたは、自分の第一印象が人からどんな風に思われているか気にしたことはありますか?
恋愛に関しては、意中の男性やステキな方から少しでも良い印象を持ってもらうために、少しでも良い笑顔になろうと頑張ってみたり、ちょっとでも女性らしい服装を選んでみたりしますよね。
でも、仕事の場面ではどうでしょうか?

「初めてお会いした時はもっとクールな方だと思ってましたが、実はとてもフレンドリーな方だったんですね」
「最初はとても温和な印象があったけど、長く付き合ってみると本当は結構ズバズバ言う人だったんだ・・・」
「話に説得力があって、とても責任感がある人だと思っていたのに・・・実はいつもいう事がコロコロ変わって辛いな・・・」

など、初対面で受ける印象と実際の本人の性格が違ったという事は少なくないと思います。

また、その反対で自己評価が低すぎて「自分に自信がない」と思っているけど、実は周囲の人からは「とてもステキな人だよね」と思ってもらえている事だってあります。
自分に自信が全く持てず、「私なんて・・・」と思っている人は色んな場面で自己表現が上手くできなかったり、すべてが控えめだったりします。
誰でも自分の見た目に関してコンプレックスを持っている部分があると思いますが、あなたが思っている「コンプレックス」と周囲が思っている事が全く異なることだってあります。
そのわかりやすい例が、以下の動画ですので是非参考にしてみてください。

 

ところで、本人の性格と周囲が持っていた印象のギャップが激しいと損をする事もある事をご存知でしょうか?
例えば、第一印象はとってもフレンドリーで優しい印象の人が、実際に付き合ってみるととてもクールだったらどうでしょう?
仕事で色んな相談ができそうな人だと思っていたのに、実際は「自分の事は自分でやってください」と自立を求められたりすると、なんだか突き放されたような気持がしませんか?

このように、第一印象と長く付き合っていく中で見えてくる素の性格が全く違う事があります。
なぜこの様に印象が変わる事があるのでしょうか。また、それを改善する方法はあるでしょうか。

人は見た目が9割

初めてお会いする人に対して、自分がどんな人間か印象付ける最も有効なものとして「外見」があります。見た目で得する女性
その人を見た2~3秒でどんな人かが決まってしまうといわれており、その印象は5年は消えないといわれています。
自分の見た目が最初の2~3秒でほぼ決まってしまうって・・・結構強烈ですよね。しかもその印象が余程の事がない限り5年は消えないなら、見た目からキチンとしておいきたいというのが女性の本音かもしれません。

でも、仕事を行う上ではこればかりではないのと思います。
何故なら、仕事という事は頻繁に何らかのやり取りをするからです。毎日メールや電話・直接会ってお話をする等していると、その人となりが嫌というほど前面に出てきます。
だから、「見た目5年の印象有効期限」はあっという間に吹き飛ぶことになります。さらには、見た目の印象と実際に仕事を一緒にして感じる性格が違いすぎる方が損する事も・・・これは怖いですよね。

見た目で勝負する必要もアリ!

だからと言って、「中身だけで勝負しなさい」というわけではありません。服装や髪形や持ち物など、人の目から受けるルックスも大切にしてほしいのです。
女性の皆さんは、何だかんだ言っても結局相手がどんな服装をしているかとか変なメイクをしてないか・・・などチェックしてませんか?

いくら責任感が強い性格の人でも、お仕事をする時に最初の見た目が「髪がボサボサで、服もヨレヨレ」では「本当にこの人に任せて大丈夫かな?」と思ってしまいますね。
それなら、それなりにキチンとした服装で第一印象がバッチリであれば、見た目と実際の性格のギャップは少なくなり、持ってほしい印象を相手に与える効果はあるのです。

 

見た目以外に勝負できる、あなたの性格

ところで、初対面の印象と何回か会ってからの印象が随分変わる人がいるのは何故でしょう。
あなたが初対面の人とお話をする時には、恐らくわざと「人前では猫をかぶっている」とか「いい人に見られたいから、良い人を演じている」という事は少ないと思います。むしろ、特に意識もしていないのに「素の自分」とは違う「人前で出てくる自分」がいるのではないかと思います。

「人前で出てくる自分の性格」とは、「初対面の人にはこんな風に見られたい!こんな風に見せなきゃ!」と自然に思える性格です。
これは、ある意味強制的に出している「少し無理した自分の姿」だったりします。だから、この人前で出てくる自分の性格って長時間・長期間続けていると疲れてきませんか?
私を例にしてお話しますが、私は気づかぬうちに人前では「いい人に見られたい」と思っていたようで必要以上に「笑顔でいなければいけない」と感じていました。だからずっと笑顔でいるように心がけていたのです。
でも、家に帰ると何故か顔が筋肉痛でドッと疲れが出ている・・・仕事で疲れているというよりは、笑顔で人に気を使いすぎるあまりに疲弊している状態でした。
これが、「素の自分」と「人前での自分」との違いなのです。

自分の性格を知ればコミュニケーションで得をする

「人前で出てくる自分」はその人それぞれ性格が異なります。たとえば「親しみやすい人だと思われたい」「デキる女だと思われたい」「大きな人間だと思われたい」など・・・それは人それぞれなのです。

こんな風に、自分の中にはもう一つの自分がいます。
それは「ふとした時に出てくる自分」です。自分は特に意識したこともないけど、周囲から「あなたって、そんなところあるよね」と指摘されたりする性格です。人生の中で一番長く関わっている自分の性格なのに、あまり自覚していないなんて・・・自分でも分らないのがポイントです。

では、これらの3つの性格についてもう少しお話してみましょう。

 

最も自然体な自分=「素の自分」

最も自然体でいられるという事は、リラックスした時に出てくる性格です。リラックスできる自分
家族やとても親しい友達など、気兼ねなく付き合える関係の人たちの前で出てくる自分っていませんか?
職場やあまり良く知らない人たちの前で何かを決めた時に、「どうしてあの時あんな事を言っちゃったんだろう・・・」と悩むことがありますが、これは次に出てくる「矯正された自分」が物事を決めてしまったために不自然な答えを出してしまったという事になります。
その為、色んな考えに後悔したりします。
でも、自然体でいられる自分の場合は、不自然な選択をしたり、答えを出すという事はなくなるわけです。
それが、一番ラクでいられる自分であった一番自分らしくいられます。本当はこの「素の自分」で居続ける事ができれば、様々な場面で選択に悩む事がなくなります。

 

矯正された自分=「初対面やあまり親しくない人の前で出てくる自分」

仕事や学校などあまり親しくない人の前で出てきてしまう性格です。猫をかぶる 人前で出てくる自分
私たちが仕事をする上で一番出てきやすい自分でもある為に、どうしてもこの性格の自分と付き合う時間が長くなります。
そうなると、この自分が本当の自分だと錯覚している人が多いのですが・・・実はこの自分が最も疲れさせる原因となるのです。
例えば、素の性格がマイペースなのに、人前では周囲の意見に合わせてしまう性格だとします。すると、本当は「もっと自分のペースで仕事をしていきたい!」と思っていても、何故か自分の気持ちを押し殺して人に合わせてしまうのです。
そうなると、自分の中にさまざまな葛藤が生まれて「どうして私って自分の思い通りに動けないんだろう」と思い始め、自分嫌いに繋がってしまうのです。

でも、もしあなたが人前では「とても親しみのある性格」であれば、周囲からは「この人はとても良い人だな」と好印象を持ってもらえますよね。
反対に、人前では「デキる女にみられたい性格」が出てしまうと、「頼りにできる」と思われるかもしれませんが同時に「少し近寄りがたいな・・・」と思われてしまうかもしれませんね。
この様に人前で自分がどのような性格を出しているかによって、周囲から受ける印象がガラリと変わってきます。

 

ふとした時に出てくる自分=「もう一人の素の自分」

車を運転していたり、何か突発的なアクシデントが起こったり・・・など、自分ではあまり意識していないいわゆる「無意識」の時に出てくる性格があります。
例えば、町を歩いていて人前で思いっきり転んでしまった時に、頭が真っ白になってしまったり、反対に堂々としていたり・・・そんな突発的にでてくる自分がそれにあたります。
この「ふとした時に出てくる自分」は、意外と大きな決断をする時にでてきたりなんかして、「もう一人の素の自分」と言われています。でも、この自分は悲しい事にあまり自分で意識することはありません。だから、周囲の人から指摘されて初めて気づくこともあるのです。

無意識の時に出てくる自分がどんな性格かを知ってみたい方は、ご家族や親しい人にあなたの性格を聞いてみて参考にされても良いかもしれませんね。

 

3つの自分がいる事を知る=シーンによって自分を演出できる

もし、この3つの自分の性格をそれぞれ自覚できていたら、生きていくうえでお得がいっぱいあるんです。
例えば、初対面の人に見られたい性格があれば、自分の性格の中で最も優位な性格を出して自分を演出できると思いませんか?

女性の前で「フレンドリーな性格」を出したいのであれば、自分の中で最もフレンドリーな自分の部分を出すことができますよね。
また、バッチリ決めたい仕事の場で「頼れる自分」をアピールしたいのであれば、自分の中で最も「デキる・責任感がある自分」で挑めばよいのです。

このように、自分の性格をキチンと知っておくことはとても大切でおトクなことです。
人とのコミュニケーションを円滑に進めるうえで、相手の性格に合わせる事も可能ですし、シチュエーションごとに自分を使い分ける事も可能なのです。

自分のすべてを武器にする・・・これは無理せずラクに生きられる方法です。
そして、実は自分を好きになれる方法でもありますよ。

是非、自分を知ってみてくださいね。
自分自身に興味を持っていただいてコミュニケーションを円滑にする方法を、以下の記事にまとめてみました。

\ SNSでシェアしよう! /

自分の性格を知って、仕事の人間関係に疲れた働く女性の心を解消する方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

自分の性格を知って、仕事の人間関係に疲れた働く女性の心を解消する方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

女性の味方

女性の味方

約20年の会社員生活の中で、仕事が与えられずに社内ニートになり人間関係に悩む時期がありました。
「自分が人と上手くやっていこうと頑張っているのに、何故か上手くいかない」と感じていた時に、コアメンタルやジョーティシュ(インド占星学)に出会い、「人には適材適所がある」という事を知りました。
仕事の人間関係で悩むのは、「あなた」と「私」の間に生じるトラブルだけが問題ではありません。あなたが組織に向いているのか否かという適性もあったりするという事です。
このことを知ったとき、私と同じように会社や仕事の人間関係に悩む女性の為に、この知識を役立てたいと思いました。

他にもこんな記事が読まれています  記事一覧

  • 意味もなくイライラや不安に襲われる?心と脳の膿を出してスッキリする瞑想でいつも心が軽くなるんです

  • いつも言う事がコロコロ変わる上司に疲れたあなたに知ってほしい、上司に振り回されない仕事の仕方

  • 仕事ができる人ほど職場で干される?会社で仕事を干されない為に心がけたいたった1つの事

  • 周囲の人に惑わされず自分の心に正直に生きる、勇気を出して自分のやりたい事をする方法

関連記事

  • 女性社員が職場で社内ニートにならない為に気を付けるべき4つの事

  • いつも言う事がコロコロ変わる上司に疲れたあなたに知ってほしい、上司に振り回されない仕事の仕方

  • 事務をする女性社員が揉める「仕事の取り掛かりが早い人」と「仕事の取り掛かりが遅い人」の違いが分れる性格の差はこれ!

  • 一匹狼で仕事をしている女性ってどんな人?職場の一匹狼さんはこんな性格です。

  • 会社内で溜まったマイナスな感情を取り除いて、社内で快適に過ごす方法ってナニ?

  • あなたは会社の上司に逆らってない?ホントはやってはいけない仕事の仕方