1. TOP
  2. 最近増えてるアラフォー以上の女性社員が会社で仕事を干されないように気を付けるべき5つのこと

最近増えてるアラフォー以上の女性社員が会社で仕事を干されないように気を付けるべき5つのこと

この記事のタイトルとURLをコピーする

仕事を干されたのはなぜ?

あなたは、今仕事が楽しいですか?
仕事が楽しくなかったり、やる気が感じられないとしたら、それは何故でしょうか。
会社にはほぼ毎日行って7~8時間過ごすわけですから、その毎日の仕事が楽しくなかったりやる気が感じられなければとてもツラくて仕方ないと思いませんか?

仕事はやりがいを感じられないと、苦痛以外の何物でもありません。
「楽しくない」としても、事務的に黙々と仕事に打ち込める環境であればまだマシかもしれませんし、「社内ニートになっても気にしない」と思っている方なら話が別ですが、楽しくない上に打ち込める仕事もないとなれば、会社に行くこと自体が苦痛になる事は明らかです。
また、やる気が出るかどうかについても、自分が頑張っただけの成果があったり、何らかの報酬と感じられるものが伴わないと次に向かうエネルギーに繋がりませんよね。
その報酬が、「誰かに喜んでもらう」でも良いのです。「お客様の笑顔」であったももちろん良いのです。
「私、この仕事して良かった!」と思える活力になるものがあるからこそ、どんなに単調で退屈だと思っている仕事でも「やる気」がアップしていきますよね。

もし、打ち込める仕事が今ないとすれば、何故仕事がないのでしょう。
会社で仕事をするという事は、少なくともあなた一人だけで行うわけではありません。

一人で担当している業務であっても、必ず何らかの形で他の社員が関わっているものです。
例えば、

  • 仕事の進捗報告を直属の上司に相談する
  • 分らない業務内容を、その担当者に確認する
  • 問題が起こった時に、担当部署と問題を連携する
  • 休みを取るときに、周囲の同僚や先輩・後輩社員に仕事を引き継ぐ

などなど、何らかの状態で他の人は必ず関わり合いが出てくるのです。

仕事は勝手にあなたの元にやってくるわけではありません。
他の部署を通じてだったり、直属の上司や先輩などを通じて、人づてで舞い込んでくるものなのです。
いわば、会社での仕事は「誰かに与えられて」行う事になります。

一人で仕事を生み出すのは、相当な事ですよね。
例えば、「社内トイレの掃除をしてみる」などであれば、自発的で自ら仕事を作り出すことはできますが、会社の仕事はそのような仕事ばかりではないのです。
そもそも、会社というのは自分勝手な行動は許されません。
なぜなら、会社に雇われているからです。雇われている以上、会社の命令が絶対なのです。

だから、今仕事がないという事は、仕事が与えられていないという事になります。
何故仕事が与えられないのでしょうか。仕事を干されてしまう原因はいくつかありますが、いずれも若ければそれなりに目をつぶってくれることばかりでした。
でも、アラフォーを過ぎた女子社員になると、目をつぶってくれなくなります。
年を重ねるということは、それだけ責任が伴うからです。

 

職場の先輩や上司との人間関係がうまくいくようにするには?

上司や先輩・後輩など、社内の人間関係が上手くいかない人は少なくないでしょう。
より良い仕事をしていく為に、お互いの考えをぶつけあって仕事をしているわけですから、たまには言い合いになってしまう事もあるでしょうし、関係がギクシャクしてしまう事もあります。
でも、お互い大人同士ですから、同じ目標を達成させるために感情を抑えて仕事をしたりすることはできると思います。

それでも、会社の人間関係がうまくいかないのは何故でしょう。
コミュニケーションが上手くとれなくなる原因は様々あると思いますが、相談できる先輩や仕事を与えてくれる上司との人間関係がこじれると、信頼関係が結べなくなるために仕事が回ってこなくなってしまいます。

例えば、あなたの部下に「素直に仕事をしてくれる部下」と「いつも反抗して全くいう事をきかない部下」がいた場合、あなたはどちらの方が仕事を依頼したいと思いますか?
いつも反抗されたり抵抗されたりしているような人には「仕事を頼みたくても、また反抗されてもイヤだな」とか「気持ちよく仕事を引き受けてくれないと、頼む気にならない」と思うのではないでしょうか。

もしも、職場の先輩や上司と対等に渡り合って仕事をしたいと思っている場合、その態度によっては彼らが気分を害している可能性があります。
「だって、間違ってるもんは間違ってるし!ここはキチンと言っておかなきゃ」って思われるかもしれませんが、物は言いようというものです。
目上の方に対する態度はどうなのか、一度振り返ってみるのもいいかもしれません。

 

ある程度の会社で働き続けると、上司からの仕事の評価は辛口に・・・?

「仕事はバリバリしてるし、自分でもそこそこ仕事はできると思ってる。なのに私の仕事が全く評価されないのはどうしてだろう」
仕事がお給料に直結していると、仕事をキチンと評価されていない事に対する不満は募りますよね。
どれだけ頑張っても、昇給もなく毎年同じお給料・・・という事はとてもモチベーションがどんどん下がってしまいます。

きっとあなたは、誰よりも色んな所に目を行き届かせて、誰にも負けないくらいバリバリ仕事をしているし、残業も沢山していた・・・のに私の仕事を理解してくれる人がいないと感じてしまうのだと思います。
なのに、評価されないのは何故でしょうか。

理由は様々あるとは思いますが、その1つには「求められているような仕事をしていない」というものがあります。
その仕事が、対象となる相手の為を考えて行っている仕事であれば自ずと周囲から認められるものとなりますが、もし自己満足に直結するような仕事になっていると、「その仕事、お願いしているポイントとちょっと違うんだよな・・・」と感じる結果になってしまいます。

自分本位の仕事になっていないか、相手の事を思いながらの仕事になっているかを確認してみるといいかもしれません。

 

仕事でミスが多い人が、ミスなく仕事に一生懸命打ち込むには?

真面目に一生懸命仕事に取り組んでいるのに、後々になってミスが必ずと言って良いほど発覚する。仕事がイヤ どうして干されたか分らない
という事はありませんか?

備忘録やマニュアルを読みながら慎重に業務を行っているハズなのに、何故かミスがちょこちょこあって、必ず誰かに指摘されると、「一体私のどこがいけなかったんだろう?」と思うかもしれません。
もしかしたら、人によっては「あれ?またやっちゃった?いっけな~い」とあっけらかんとしている人もいるかもしれません。

まず、備忘録やマニュアルを毎回見ながら仕事をしているのにミスが必ずと言っておこってしまう人は、もしかしたらマニュアルや備忘録を見たつもりになっているだけかもしれません。
よく見れば、マニュアルの隅の方に書かれてあった内容でも、「見たつもり」で終わっていたら見逃しをしている可能性が大きいため、それは「マニュアルや備忘録を見ながら仕事をした」とは言えません。
または、そこに書かれている内容に間違いがあるのかもしれません。
発覚して指摘されるミスは、恐らく同じような内容のハズです。その備忘録やマニュアルはその都度書き換えられているでしょうか。確認してみてくださいね。

そして、ミスを引き起こしてしまった時は、少なからず様々な人に迷惑をかけているわけです。
そこを「またやっちゃった」とあっけらかんとやり過ごすのではなく、きちんと反省した上で、次はミスがないように細心の注意で挑まなければなりません。

ミスばかりしているという事は、周囲からの信用は得られないという事につながっていくのは想像に難くないと思います。

 

覚えるのが苦手な人が仕事を覚える方法

毎日する仕事、毎週する仕事、毎月する仕事、毎年する仕事・・・仕事には様々なルーティンがあります。全く仕事が理解できない 働き方が分らない

最初のうちは、たとえ毎日する仕事であってもなかなか覚える事ができないのは仕方がないことだと思います。
でも、毎日メモや備忘録・マニュアルを読みながら業務を行えば、いつか自然と仕事に身についている時があったりします。
自然と仕事が身についてきたら、人はメモなどをみなくても仕事ができるようになってきます・・・それは仕事を覚えたという事になります。

でも、1度やったら次は1か月先だったり、来年だったりする仕事となると、覚えられないのは当然です。
なぜなら、その仕事に対する経験が浅かったり十分ではないからです。
その為に人は「マニュアル」「備忘録」「メモ」を取っていて、それを読みながら仕事をしています。

とは言うものの、「マニュアル」や「備忘録」などを作っていない人もいます。
作らない理由は様々かもしれませんが、私は一度「作り方が分らないから」という人に出会ったことがあります。
仮に作っていたとしても、必要な事をすべて書き漏れている方もいらっしゃいました。
「マニュアル」や「備忘録」に必要な事が書かれていなければ、仕事をする上でも意味を成しません。
そのような理由から、仕事を覚えられない人がいたりするのです。

 

組織の中で働くのが苦手な人が、組織の中で仕事をするには?

そもそも大人数が一緒に働く職場という「組織」に馴染めない人もいます。
みんなと一緒に頑張らなければならない事は理解できるが、何故か組織の中で孤立してしまったり、一匹狼のような仕事の仕方をしている方は、案外組織に馴染めないタイプだったりします。

本人にもその理由は分らないのですが、そもそも集団生活が苦手で一人で仕事をしたりする方がラクだというパターンです。
それなりに、みんなの輪の中に入って頑張ってみようとしたりもしますが、結局上手くコミュニケーションとれなかったり、そもそも皆の輪の中で一緒に何かをする気持ちなんて持ち合わせていないかのどちらかになります。

そんな「組織に馴染めない人」が会社の中で働くという事は、ストレス以外の何物でもないので、組織から抜け出して別の方法で仕事をしていく方がラクだと感じるでしょう。
組織の中で働くのが苦手な人は、例えば一人で籠ってする仕事が向いていたりします。
分りやすく言えば、工場の流れ作業を黙々とやり続けるような感じです。
または、簡単ではありませんが起業するという方法も組織に属すことがなくなるので、比較的楽に働くことができます。

それでも組織で頑張り続ける方がいいという方の場合は、自分が相手を認めるという方法をオススメします。
組織に馴染めない人の多くは、組織や会社のやり方に納得できないのだと思います。
「理屈では分っているけど腑に落ちない。だから命令に従う事ができない」とか「どう考えても上司の考え方が矛盾している」「あの人たちの働き方が理解できない」などと感じているからこそ、そこに反感を抱き意見したくなったり反発してみたりする人もいるのです。
でも、会社は個人の感情は不要な場合がほとんどです。
とにかく働いて成果をだすことが求められています。
だから誰が何をしようとも、その相手の行動をまずは全て認めてみます。
「どうしてあの人は、あんな行動をするの?理解できない!」
と思うか、
「あぁ、今回の場合あの人はそういう行動をするんだな」
と客観的に見るかでは結果は大きく違います。
この見方が、相手を受け入れる事に繋がるのです。

全部頑張ってみたけど、やっぱり認めてもらえない場合に考えたい事

仕事がなくなるという事について、ほぼ全員の人が「あの人が私に仕事を与えてくれない」と思っているかもしれませんが、もしかしたら周囲だけのせいではないかもしれません。
あなたにも何らかの原因がありそうなら、気づいた今日から直せるチャンスなのです。

また、「やっぱり私は組織に馴染めない」という場合であれば、その組織以外で仕事をするという選択肢もあるわけですね。
組織を飛び出して、自分がやっていて本当に幸せだと感じる仕事を探す事も大切です。
人には必ず適職があるので、その適職を知ってそちらの道に進む選択肢もありますよね。
その選択肢の見つけ方は、以下の記事でご案内していますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

自分の性格を知って、仕事の人間関係に疲れた働く女性の心を解消する方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

自分の性格を知って、仕事の人間関係に疲れた働く女性の心を解消する方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

女性の味方

女性の味方

約20年の会社員生活の中で、仕事が与えられずに社内ニートになり人間関係に悩む時期がありました。
「自分が人と上手くやっていこうと頑張っているのに、何故か上手くいかない」と感じていた時に、コアメンタルやジョーティシュ(インド占星学)に出会い、「人には適材適所がある」という事を知りました。
仕事の人間関係で悩むのは、「あなた」と「私」の間に生じるトラブルだけが問題ではありません。あなたが組織に向いているのか否かという適性もあったりするという事です。
このことを知ったとき、私と同じように会社や仕事の人間関係に悩む女性の為に、この知識を役立てたいと思いました。

他にもこんな記事が読まれています  記事一覧

  • 運命ってあるの?人生を自分で切り拓いて思い通りに生きる方法

  • 職場で群れるのがイヤでもOK?誰ともつるまない一匹狼女性でも良い理由

  • どうしていつも上手くいかないの?自分嫌いになる前に知ってて欲しい負のループ

  • これを知ってたらイラっとこない!感情に振り回されずにいられる方法

関連記事

  • 仕事ができる人ほど職場で干される?会社で仕事を干されない為に心がけたいたった1つの事

  • 仕事を干されてもガマンし続ける?あなたの生き方を見直して、人生をやり直す方法

  • どうしていつも上手くいかないの?自分嫌いになる前に知ってて欲しい負のループ

  • 日食・月食が健康的にも精神的も良くない現象だって知ってましたか?

  • 本当はどんな仕事が向いてる?自分の適職を知る為の4つのヒント

  • 周囲の人に惑わされず自分の心に正直に生きる、勇気を出して自分のやりたい事をする方法